高齢化社会の現状

掃除機をかける

特殊清掃の内容と今後の動向について

特殊清掃とは、清掃業の一種で事故現場清掃業等とも呼ばれており、事件・事故・自殺などの現場の特殊な清掃業務を指します。他にもゴミ屋敷の清掃なども含まれます。清掃作業内容としては、主に孤独死や自殺などの変死体があった屋内の汚染除去・血痕除去・ハエやウジなどの不衛生害虫の害虫駆除・死臭や腐乱臭の消臭などの作業があり、他にも屋内の原状回復工事を行うこともあります。東京都23区内の65歳以上の高齢者の孤独死人数は、平成14年は1364人で、平成22年では2913人と2倍以上増えています。(東京都監察医務院「事業概要」より)超高齢化社会を迎えている日本では、全国的な高齢者増加に伴い孤独死の人数が増加し、今後は特殊清掃の仕事件数も増える可能性があります。

清掃を依頼するときの注意点

特殊清掃を依頼する人は、マンションやアパートなどの大家、不動産管理会社の人、遺族の関係者が多いと思います。大家や不動産関係者なら、特殊清掃を依頼する経験があるかもしれませんが、遺族の関係者などは、突然の訃報に愕然としてどのようにしていいかわからないと思います。特殊清掃業務を行う会社や従業員には、その専門性から、臭気判定士・医療環境管理士・防除作業監督者・1級葬祭ディレクターなどの資格か、それと同等の知識とスキルが必要になります。よって専門業者に依頼することをお勧めします。特殊清掃を業者に依頼するときに大事なのは、死臭除去などの専門技術がしっかりしていて、作業範囲による作業代金が明確、そして、アフターフォローがしっかりしている業者に依頼することをおすすめします。